「妊娠線予防にニベアクリームが良い。」などと聞いたことはありませんか。ニベアクリームと言えば保湿クリームで、多くの方は丸い形をした青缶をイメージするでしょう。

商品説明などに特に「妊娠線予防」徒は書かれていないし、「妊娠線予防にニベアクリームが良い。」と言うのは単なる噂としてスルーしてしまう方もいるかも知れませんね。

でも、「何もないところから噂は流れないだろう。」と言う考え方もありますよね。それに、噂通り本当にニベアクリームが妊娠線予防に使えるのなら、便利なことには違いありません。

ニベアクリームは169gで600円くらいで、場合によっては妊娠線予防クリームよりもお手頃に買えます。何よりニベアクリームはフェイス・ボディ用の保湿クリームですし、妊娠中や産後の妊娠線対策が終了しても長く使えます。では、こんなニベアクリームが本当に妊娠線予防に良いのか、見ていきましょう。

・そもそもニベアクリームの噂はCMが原因?

そもそも「ニベアクリームが妊娠線予防に良いと言う噂になるのはなぜ?」と、疑問を持っている方は多いでしょう。妊娠するとスキンケアを行うにも、お腹の中にいる赤ちゃんのことを考えなければいけません。

ニベアクリームがお腹の中の赤ちゃんに影響がないかも、皆さんにとって心配なところですよね。実は花王のCMでは、妊婦さんがお腹にニベアクリームを塗っているところが写っていました。

CMは商品のイメージなので、もし「妊婦さんはニベアクリームNG」なのであれば、このようなCMはきっと流さないでしょう。と言う訳で、ニベアクリームは妊婦さんが塗っても大丈夫なはずです。

ちなみに、ニベアクリームの商品説明をチェックしてみても、「妊娠中の使用は避けてください。」などのような記載は一切見られません。使用する際に注意すべきことと言えば、次のようなことです。

「傷・腫れもの・湿疹など、肌に異常がある際は使用しないこと。」「使用中に痒み・赤み・黒ずみ・腫れ・刺激・白斑・色落ちなどの異常が生じたら、皮膚科に相談すること。」「目に入った場合には、すぐにしっかり洗い流すこと。」「子供・認知症の方がいる場合には、保管場所に注意すること。」妊娠とは関係なさそうな注意点が多いのですが、妊娠中は肌がデリケートでちょっとした刺激も感じやすいものです。

妊娠線予防にニベアクリームを使用するかどうかは、慎重に考えた方が良いです。

・ニベアクリームには保湿成分が含まれている!

顔の保湿ケアの基本と言えば、化粧水でたっぷり水分を補給して、乳液や保湿クリームなどの油分で肌に蓋をしますよね。油分は水分を弾く性質があるので、水分の上に被せれば油分で水分を閉じ込めて、肌の水分の蒸発を防ぐ効果が期待できます。

ニベアクリームでも同じように、油分で肌の水分の蒸発を防ぐ効果が期待できます。この効果を発揮してくれるのが、ミネラルオイル・ワセリン・グリセリン・スクワラン・ホホバ油などの保湿成分です。

どの保湿成分も肌に馴染みやすくて、妊娠中でも安心して使いやすいです。しかも、ニベアクリームは匂いがないので、妊娠中で匂いに敏感な人でも使いやすいです。

ただ、「妊娠線予防クリームに比べると、少し油分が多いかも。」と感じる方も多いです。普段からニベアクリームを使っている方であれば違和感なく使えるでしょうが、初めてニベアクリームを使うだとまずは腕などでパッチテストをしてから使用した方が良いかも知れませんね。

・ニベアクリームで本当に妊娠線を予防できるの?

ニベアクリームを実際に使用した方の意見は色々で、「ニベアクリームで妊娠線を予防できた。」と言う方もいれば、「ニベアクリームを使っても妊娠線ができてしまった。」と言う方もいます。

でも、「ニベアクリームで妊娠線を予防できた。」と言う方は、本当にニベアクリームで妊娠線を予防できたのかどうか怪しいところです。逆に、「ニベアクリームを使っても妊娠線ができてしまった。」と言う方は、ニベアクリームに効果がない訳ではなく、妊娠線ができやすい体質だった可能性も十分に考えられますよね。

結局の所、ニベアクリームが本当に効果があるのか、ないのかは分かりません。と言うよりも、ニベアクリームを塗ることだけが、妊娠線を確実に予防するための対策ではありません。

妊娠線は肌の乾燥、急激な体重増加、赤ちゃんの成長などが関係しています。まずは「ニベアクリームを塗って肌が潤っているか、柔軟になっているか。」がポイントです。

もしニベアクリームを塗っても肌の潤いや柔軟性が不足するなら、他のスキンケア用品を使用した方が良いでしょう。また、急激な体重増加もスキンケアと同じく努力でカバーできる原因なので、体重を上手にコントロールして体重増加を緩やかにしましょう。

・妊娠線予防を専門とした商品の方が安心!

「ニベアクリームで100%妊娠線を予防できる!」と言うのであれば、こんなにコスパの良い妊娠線予防はなかなかありません。でも、残念ながらニベアクリームの効果は、100%とは言えません。

確実な対策をしたいのであればニベアクリームではなく、妊娠線予防を専門としたスキンケア用品を使用した方が良いでしょう。妊娠線予防を専門とした商品は、ニベアクリームに比べてコストが高くなりやすいですが、目的とするものがニベアクリームとは違います。

「肌を潤わせる。」「肌を柔軟にする。」妊娠線予防を専門とした商品には、対策に必要なこれらの効果が期待できる成分が含まれているものが多いです。「妊娠線予防を専門とした商品だけを使う。」と言う方もいれば、「妊娠線予防を専門とした商品に、ニベアクリームをプラスして使う。」と言う方もいます。

後者の方法で妊娠線対策をする方は、「水分は妊娠線予防を専門とした商品で、油分はニベアクリームで補う。」と言う活用法を考えているのでしょうね。

いずれにしても大切なことは、足りないものをスキンケアで補うことです。ニベアクリームだけで足りないものを補えれば、ニベアクリームだけでも良い訳です。

ただ、自分の肌の状態がよく分かっていなかったり、スキンケアに不安を抱えていたりする場合には、目的に合ったスキンケア用品として妊娠線予防を専門とした商品を使うのが無難です。スキンケアを継続するためには安さを重視したいところですが、最上級の品質とまで行かなくてもせめてコスパは重視した方が良さそうです。

・まとめ

「妊娠線予防にニベアクリームが良い。」と言う噂は、花王の「妊婦さんがお腹にニベアクリームを塗っている」CMから広まったのではないかと考えられます。

実際にニベアクリームには肌に馴染みやすい保湿成分が多く含まれていて、油分で肌の水分を閉じ込めて水分の蒸発を防ぐ効果を発揮してくれます。

こんな効果が肌に潤いと柔軟性を持たせて、妊娠線を予防できることもあります。ただ、ニベアクリームでは妊婦さんの使用は禁止されていないのですが、肌の調子によっては注意が必要な場合があります。

それに、「ニベアクリームを使用すれば、100%妊娠線を防げる。」なんて言うことはありません。ニベアクリームを使っても、肌に必要なだけの潤いと柔軟性をカバーできていなければ、妊娠線ができてしまうこともあります。

肌の状態は良くても急激な体重増加で、妊娠線ができてしまうこともあります。「少しでも確実性の高い対策を!」と考えているのなら、妊娠線予防を専門とした商品の方が安心かも知れませんね。

妊娠線予防を専門とした商品は、自分の肌の状態を分かっていなかったり、スキンケアに不安を抱えていたりする方でも使いやすいですよ。

関連記事