妊娠線は安定期から対策するのが効果的ですが、実は安定期よりも妊娠後期に入ってから妊娠線ができる人の方が多いようですね。「安定期に妊娠線ができなかったから大丈夫!」なんて油断して、対策を止めてしまうと妊娠後期にくっきりした妊娠線を作ってしまうかも知れませんよ。

妊娠中に妊娠線を作らないようにするためには、妊娠線の原因を知って原因に対する対策を徹底することです。ちなみに、妊娠線対策用のクリームだけ塗っていれば、他の対策は何もしなくても良いと言う訳ではありませんよ。

1つでも対策できていない原因があると、十分妊娠線ができる可能性があります。それで、妊娠線の原因としてよく言われるのが、「急激な体重増加で皮膚が引き伸ばされて断裂するから。」と言うようなことでしょう。

これって本当に正しい妊娠線の原因なのでしょうか。では、今回は妊娠線の原因について見ていきましょう。

・皮膚が引き伸ばされて断裂するのは本当!

妊娠線の原因として「皮膚が引き伸ばされて断裂するから。」と言うのは本当です。ただ、「皮膚が引き伸ばされて断裂する」のは、急激な体重増加だけではありません。

妊娠するとホルモンバランスの変化やお腹の中の赤ちゃんの成長で、バスト・お腹・お尻などが大きくなります。特に急激に大きくなる部分に関しては、急激に皮膚が引っ張られることになります。

それで、柔軟性のある皮膚の表面に関しては良いとして、皮膚内部の真皮・皮下組織に関しては柔軟性がなく伸びにくいのです。なので、皮膚表面の伸びに追いつけずに、真皮や皮下組織のコラーゲン・弾性繊維が断裂してしまうのです。

また、妊娠して起こるホルモンバランスの変化として、「グルココルチコイド」と言うホルモンが多くなることも挙げられます。実はこのホルモンは、次のように肌に悪さをするホルモンなのです。

「ターンオーバーを遅らせる。」「コラーゲンの生成量を減らして肌の弾力を低下させる。」ターンオーバーが遅れれば、肌のダメージ修復が遅れます。肌の弾力が低下すれば、肌は硬くなって柔軟性を失います。

とは言っても、妊娠中にある程度バスト・お腹・お尻が大きくなるのは仕方がないですし、グルココルチコイドが多くなるのも避けられません。妊娠線を作らないようにするためには、どのようにしてこれらをカバーするかがポイントとなります。

・余分な体重増加は避けること

妊娠線の原因は急激な体重増加だけでないにしても、急激な体重増加で皮膚が引き伸ばされて断裂する可能性があることは確かです。なので、妊娠中の体重増加を最小限にして、妊娠線の原因を対策しましょう。

それで、妊娠中に増加しても仕方がないのは、「羊水+胎盤+子宮+乳房+血液+赤ちゃん=7~8㎏」くらいです。妊娠中の体重管理は医師の指示に従って行うことのなるのですが、目安となるのが妊娠前のBMI指数です。

BMI指数が18未満の場合には12㎏まで、BMI指数が18~24までの場合には10㎏まで、BMI指数が24を超える場合には6㎏前後まで増やしても良いとされています。このように考えると1ヶ月で増やして良い体重は1~1.5㎏までで、1ヶ月過ぎる前にこれだけ体重が増加してしまったら危機感を持った方が良いでしょう。

ちなみに、適切な体重管理は妊娠線を作らないためだけでなく、妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病、難産などのリスクを減らすためにも必要です。

急激な体重増加を防ぐ対策法として、よく適度な運動が勧められますよね。でも、適度な運動だけで体重増加を抑えるのは、不可能に近いです。一番に頑張らなければいけないのは、栄養バランスを整えて脂肪分・糖分を過剰に摂取しないようにすることでしょうね。

・妊娠中はどういう食生活を送ったら良いの?

妊娠中の体重管理にもっとも大切なのは、栄養バランスの良い食生活を送ることです。ただ、具体的にどういう食生活を送ったら良いのか、分からないでいる方も多いでしょう。

まず、体重がもっとも増加しやすい時期と言えば、つわりが落ち着いた安定期以降ですよね。安定期になると吐き気・嘔吐から解放されて、快適に食事をしやすいだけに食欲のままに食べ過ぎてしまうことも。こんな方は食べる前に、「本当にこれだけ食べてもいい?」と考え直してみてください。

目の前に出された食事の中には、脂肪分や糖分の多いものがたくさん置いてありませんか。基本的には和食中心の食生活で、野菜・海藻・大豆食品などの食物繊維でかさを増してお腹を膨らせましょう。

タンパク質に関しては脂肪分の少ないささみ、むね肉、赤身肉などで摂るといいですよ。できるだけ低カロリーで栄養たっぷりの食事を目指したいのですが、難しい場合は食事の量・回数を調整してみるのも効果的です。

例えば、同じ1食分×3回でも1日の合計を5~6等分して、5~6回の食事で少しずつ食べるようにするのです。これを実践すると急激な血糖値の上昇を抑えやすくなるので、一気にたくさん食べるよりも体重増加も抑えやすくなります。

おやつタイムも糖分が多くて高カロリーのおやつではなく、食物繊維の多い寒天ゼリーとかフルーツなどにしてみるのがおすすめです。

・食事を整えたら無理なく適度な運動を!

妊娠線の原因となる急激な体重増加を抑えるためには、食事の栄養バランスを整えるのが基本的な対策です。でも、「食事だけでは不安!」なんて言う方は、安定期に入って医者から許可が出たら、‎無理のないように適度な運動も頑張ってみてください。

適度な運動と言うと妊娠前で健康な状態の方だと、ウォーキング・サイクリング・軽いジョギング・水泳・階段の昇り降りなどをやりますよね。ただ、妊娠中はちょっとした振動でも与えてはいけないですし、お腹に力が入るようなことはできません。

このように考えると妊娠中に無理なくできる運動は、ウォーキングくらいですよね。他に産婦人科や自治体のマタニティビクスに参加するのも効果的です。階段の昇り降りは臨月に入って、医者から「どんどん動いてください!」と言われればOKなのですが、臨月前にやってしまうと早産の心配があります。

ウォーキングは近くを散歩するのでも良いですし、百貨店やショッピングセンターを歩き回ってみるのもお勧めです。適度な運動をしていても食事量を増やしたり、脂肪分や糖分の摂取量を増やしたりなどはしないでくださいね。妊娠中は脂肪を溜め込みやすい体になっていて、ちょっとしたことでもすぐに体重増加に繋がりますから。

・まとめ

妊娠線は原因の1つが急激な体重増加で、皮膚が引き伸ばされて断裂することで起こるものです。もちろん、シンプルに急激な体重増加だけが原因と言う訳ではありません。

「妊娠してホルモンバランスの変化でバスト・お腹・お尻が大きくなる。」「お腹の中の赤ちゃんが成長してお腹が大きくなる。」「グルココルチコイドが増えて肌のバランスが乱れる。」このような妊娠中の変化も、妊娠線ができる原因となります。

それで、ホルモンバランスは仕方が無いにしても、余分な体重増加は食生活の送り方次第で回避することが可能です。和食中心の食生活で、野菜・海藻・大豆食品などの食物繊維をたっぷり取り入れましょう。

1食分の量を減らして食事回数を増やしたり、おやつで高カロリーのものを避けるのも効果的です。また、適度な運動としてウォーキングやマタニティビクスをするのも良いのですが、運動していることに安心して食事量を増やさないにように気を付けてくださいね。

目安として1ヶ月も経たないうちに体重が1~1.5㎏も増加してしまった場合には、普段の食生活を振り返ってみましょう。

関連記事