「継続は力なり」などとよく言うもので、親としては「一度始めた習い事は長く続けて欲しい!」と思うものです。でも、子供はなかなか親が思う通りにはならないもので、ある時急に「辞めたい。」なんて言うこともよくあります。

もちろん、その習い事が初めから好きでなかった場合もあるでしょうし、実際にやってみて本人が「向いていない。」と感じることもあるでしょう。

あるいは、たまたま気分が落ち込んでいて、「辞めたい。」と思うこともあるかも知れませんね。いずれにしても今まで継続してきたことを「辞めたい。」と言われたら、本当に辞めさせて良いものかどうか迷いませんか。

ここで「習い事を辞めさせて新しい習い事をやらせれば、才能が大きく開花すること間違いなし。」なんて言うくらいなら、文句なしに習い事を辞めさせるのでしょうが。

実際の所「また新しく別の習い事を始めても、同じように長続きしないのでは?」と心配になりますよね。では、習い事が続かない子供を長く続けさせる方法を挙げてみましょう。

・習い事を辞めたい理由を知ること

子供が習い事を辞めたがっている時、ママがすべきことと言えば「子供とじっくり話し合うこと」です。「習い事を辞めたいと思うまでに何があったのか。」「なぜ辞めたいと思うのか。」これらに関してはママが何となく想像できることはあっても、あくまでも想像でしかありません。

ママが誤った判断をしないためにも、子供とじっくり話し合うことで正確な情報を得てください。それで、子供が活動そのものを嫌っているのだとしたら、その活動をしている意味はないでしょう。

子供が嫌々続けたところで収穫はないでしょうから、思い切って「辞める」選択肢を取るべきなのかも知れませんね。逆に、子供が活動そのものは好きでも、他に理由が潜んでいる場合もあります。

例えば、「先生と相性が合わない。」「他の友達とよくトラブルを起こしている。」「頑張っても上達しない。」などです。こういう場合は何らかの方法で「理由を解決して活動そのものを続ける」選択肢も取れます。

先生と相性が合わないなら「他の先生に変えてもらう。」「通える地域にある別の教室に変える。」なども可能でしょう。他の友達とよくトラブルを起こすのなら「子供を仲直りさせる。」「苦手な友達と会わない時間帯に通わせる。」なども可能でしょう。

また、頑張っても上達しないのであれば、「ママが子供の練習に付き合ってあげる。」ことも大切です。ママが子供のために全力で対応してあげれば、子供もきっとその気になってくれるはずです。

・習い事をやらせすぎていない?

習い事が続かないのは子供の性格的な問題だけでなく、ママの判断に問題がある場合も考えられます。ママとしては「子供には色々な能力を身に付けて欲しい!」と欲張りたくなるかも知れません。

でも、習い事をするには子供の体力・精神力も必要ですよね。習い事の時間は1回30分~1時間、長いものだと2時間のものもあります。通う回数も週に1回から4・5回まで様々ですよね。

複数習い事をしている子だと、1つの習い事が終わったら次の教室に移動する子もいます。毎日2時帰りの子供なら、1日1~2時間くらいの習い事を週5~6日してもそれほど負担にならないでしょう。

ただ、子供の帰りが早いのは小学校低学年までのうちで、高学年になると4時帰りになったり、部活動が加わって6時過ぎに帰ることもあるかも知れません。年齢とともに習い事の時間は限られていくので、習い事を始める幼いうちに無理のないスケジュールを考えておくことが大切です。

できることなら週に1回は子供が好きなことだけをして、ゆったり過ごせるよう休日を作るのがお勧めです。頑張る日・リフレッシュする日の気持ちの切り替えを教えることも、子供にとって大切な勉強になりますよ。

・親が子供の活動に関心を示すこと

「初めのうちは何に対しても一生懸命にやっていたのに、ある程度時間が経過すると続かない。」なんて言うことはありませんか。このような場合は子供が活動そのものを嫌いになっている訳ではなく、変化のない活動に対して飽きてしまっているのでしょう。

どんな活動でも極めるためには地道な努力が必要ですが、極めるまでには変化のない辛い時期を乗り越えなければならないこともあります。こんな時こそママの出番です。

「教室の先生に任せっきり」「子供に任せっきり」では今までとは何も変わりません。でも、ママがちょっと手を差し伸べるだけで、状況が変化することもよくあります。

子供に適切なサポートをしてあげるためには、やはりママが子供の活動に関心を示すことです。ママは子供の活動に対してどれだけの知識がありますか。適度に知識を持っていれば、「一緒に練習しようか。」「一緒にこれにチャレンジしてみようか。」なんて言うこともできますよね。

また、大会や検定、発表会などのイベントがある場合は、子供の活躍を見てあげられるのがベストです。お客さんをたくさん呼べそうなイベントならママだけでなく、家族全員とか親戚の人で見てあげるのも子供のやる気に繋がるはずです。

・時には教室の様子を見ることも大切!

習い事に通っている時の子供の様子は、子供の話を聞いてもイベントを見ても分かりません。ここで、「イベントで子供の活躍ぶりを見れば分かるのでは?」と思う方も多いでしょう。

でも、教室で練習している時とイベントに出ている時とでは、子供の様子も周りの雰囲気もだいぶ変わります。先生も他の子もお客さんに見られている意識、結果を出すために頑張ろうと言う意識があるでしょうから、イベントの時は普段よりも良い自分でいようとするものです。

こんな状況で普段の練習でよくありがちな問題が見られるとは思えません。と言う訳で、もし子供が普段の練習の中で悩みを抱えている場合には、イベントだけでなく練習しているところも見てあげるのがベストです。

教室の様子を見に行けば問題がはっきりするでしょうし、適切な対応もしやすくなります。必要であれば先生に話をする時間を作ってもらうのも良いでしょう。先生なら子供の教室での様子をよく知っているでしょうから、役に立つ話も聞けるかも知れません。

・まとめ

子供の習い事が続かない理由は、「習い事そのものが好きでない。」「もう少し自分の時間が欲しい。」「先生と相性が合わない。」「他の友達とよくトラブルを起こす。」「頑張っても上達しない。」など色々です。

いずれにしても子供の習い事が続かない原因を知って、子供に合った適切な選択をすることです。まず、習い事そのものが好きでないなら、場合によっては「辞める」選択が必要な場合もあるので、子供とよく話し合って決めましょう。

子供が自分の時間を欲しがっている場合は、習い事の時間を見直して無理のないスケジュールを考えてあげましょう。それから、先生と相性が合わない場合は、先生や教室を変えて活動そのものを続けることを考えてみるのも有りです。

他の友達とよくトラブルを起こすのであれば、周りの大人が子供を仲直りをサポートしたり、通う時間帯を変えたりするのも可能です。また、頑張っても上達しない場合は、親が子供の活動に関心を持って練習に付き合ってあげることも大切です。習い事にイベントがある時はもちろん、たまには教室の様子も見てあげられると良いですよね。

「何が何でも習い事を続けさせること」ではなく、「子供が無理のないように、少しでも楽しく学べる環境を整えてあげること」を考えてあげましょう。楽しく学べればきっと続けられますし、いつかは上達できる日が来るはずです。

関連記事