■妊娠線は、乾燥肌の人、皮下脂肪の多い人は特になりやすい傾向がある?

妊娠すると自分の体の変化が目立つようになりますよね。人によっては早いうちからお腹が出てきたり、母乳を出す準備として胸が大きくなったり、妊婦特有の変化が出てくるものです。これから赤ちゃんを産むんだという嬉しい変化ではありますが、お腹や胸が張るなどの不快症状もあるので、手放しには喜ぶことができませんよね。こういった妊娠中のトラブルは多くの妊婦さんが経験しています。

そんな体の変化や妊娠中のトラブルのなかには「妊娠線」というものもあります。妊娠線とは、妊娠して体がママになっていく過程で現れる皮膚の断裂のことで、お腹やお尻、太もも、二の腕、胸などによく現れます。人によっては赤く内出血したようなヒビ状の妊娠線がいくつもお腹に入り、とても痛々しく見えることがあります。

妊娠線が出来たからといって妊娠の継続やお腹の赤ちゃんに悪影響があるというわけではないのですが、1度出来た妊娠線は産後も消える見込みが薄いので、出来ることなら作りたくはないですよね。

そんな妊娠線ですが、体質的にになりやすい傾向というものがあります。

妊娠線ができやすい体質としては、乾燥肌の人、皮下脂肪の多い人などがあります。

肌が乾燥している人は肌にうるおいが少なく、弾力がありません。そのため、胎児の成長によって急激に大きくなったお腹に対応するほどの肌の伸びやしなやかさがなく、皮下組織が断裂してしまうのです。妊娠前までは乾燥肌じゃないから大丈夫と思っていた人でも、女性ホルモンの関係で妊娠を機にいきなり乾燥肌になってしまう人もいますので注意しましょう。

また、皮下脂肪が多い人も妊娠線が出来やすい部類に入ります。妊娠すると、赤ちゃんを育むために体が積極的に皮下脂肪を溜め込むようになります。もともと皮下脂肪が多い人は、今まで以上に皮下脂肪が増えることになります。そうすると、急激な皮下脂肪の増加によって肌の伸びが追い付かず、妊娠線に繋がってしまいやすいのです。

妊娠線は出来てしまうとずっと体に残ってしまう可能性が高いものなので、乾燥肌の人や皮下脂肪が多い人は人一倍妊娠線のケアを心がける必要があります。

また、ケアをするときは自分の体質に合った方法でケアすることがとても大切です。乾燥肌の人はよまず妊娠線予防の専用クリームでしっかりとお肌にうるおいを与えたあとに、オイルを使ってうるおいに「フタ」をするようにケアするのがオススメです。クリームとオイルの併用は問題ないので、とにかく乾燥させない方法を選んでケアするようにしましょう。

■妊娠線予防には、早い時期からのケアが大切

妊娠線のケアは、妊娠が分かった妊娠初期から始めるのがベストです。

女性の体は妊娠すると、出産に向けて急ピッチで準備が始まります。妊娠初期のうちは見た目に変化らしい変化は起こりませんが、内側では急激な変化が起きています。そして、あるとき急激にお腹が大きくなる時期がやってきます。そんなときにようやく「妊娠線のケアをしないと!」と思っても時すでに遅しなのです。

急激にお腹が大きくなる前に、妊娠線予防の専用のクリームなどでじっくりケアしておくと、お腹の変化にも皮膚がそれなりについていくことができます。

もし、妊娠線のケアに出遅れてしまって、妊娠線が出来てから「どうしよう」と思っている人も、これからケアを始めるようにしてください。出遅れていてもケアするのと、「もういいや」とケアをしないのでは全然違うので、諦めずにケアするようにしましょう。

自分は乾燥肌だから、皮下脂肪が多いからという自覚がある人は、いち早く妊娠線専用のクリームを使ってケアを始めるようにしてくださいね。

関連記事