妊娠してもっとも目立つ場所と言えば、やはりお腹の大きさですよね。だからこそ、「妊娠線はお腹だけにできるもの!」などと、思い込んでいる方も多いでしょう。

残念ながらお腹以外の場所、例えば胸・太ももの付け根にもできることがあるのです。ここで「そうなの?」と驚いた方は、足の付け根部分をチェックしてみましょう。

足の内側ではなく外側の方が皮膚が増えやすく、妊娠線ができやすいです。首をかなり捻らないと見えにくい場所なので、チェックしにくい場合には鏡を使って見てみましょう。

太ももの付け根の妊娠線は気付きにくい場所であるだけに、妊娠中ずっと気付かずにいる方も多いです。妊娠中どころか産後何年かしてやっと妊娠線の存在に気付く方もいます。いや、もしかしたら一生気付かずにいる方もいるかも知れませんね。いずれにしても太ももの付け根で妊娠線を見つけたら、ケアしない訳には行かないでしょう。

妊娠中ならこれ以上妊娠線を悪化させないように、産後なら少しでも妊娠線が薄くなるようにケアしたいですね。では、妊娠線が太ももの付け根にできた場合のケアの方法について見ていきましょう。

・太ももの付け根の皮下組織も裂けるの?

皮下組織が裂けて妊娠線ができるのは、妊婦さんのもっとも目立つ場所であるお腹なら分かるでしょう。でも、太ももの付け根に妊娠線ができると言うことは、太ももの付け根の皮膚組織も裂けることがあると言うことです。

太ももの付け根の皮膚組織はお腹よりは裂けにくいのでしょうが、足の中ではもっとも太くなりやすい場所です。だからこそ、皮膚表面の広がりに耐えられなくなった皮下組織が、これ以上伸びない限界まで伸びきったら避けてしまうのです。

特に妊娠中に急激に体重が増えると、お腹だけではなく太ももの付け根にまで肉が付いてしまうことがあります。さらに、肌が乾燥していると肌に柔軟性がなく、伸びにくくなるのでどうしても皮下組織が裂けやすくなります。

妊娠中はホルモンバランスの関係で、肌の乾燥が気になることが多いものです。妊娠前から乾燥肌だった方はもっと酷い乾燥肌になりやすいですし、妊娠前に乾燥肌でなかった方も急に乾燥肌になっていることもあります。

ただ、太ももの付け根の妊娠線も、基本的な対策はお腹の妊娠線とほとんど同じです。太ももよりもお腹の方がデリケートな場所なので、お腹にしても問題ないケア方法であれば太ももの付け根にしても問題ないでしょう。

・ケアの前に体重管理をきちんと行うこと

妊娠前期の中でも特に体重増加に注意しなければならないのが、妊娠5ヶ月以降の安定期に入ってからでしょう。妊娠初期のうちはつわりで食欲がわかなかったり、食べてもすぐに嘔吐してしまったりなどで、体重はほとんど増加しなかったかも知れません。

この時期は赤ちゃんも小さいですし、むしろつわりの影響で体重が減少してしまう方もいるくらいです。でも、安定期になると赤ちゃんが成長してお腹がだいぶ大きくなりますし、急に食欲がわいてドカ食いしてしまうこともあるでしょう。

妊娠中に限らず通常の場合でも、急なドカ食いはリバウンドの元で急激に太る原因になります。なので、妊娠中でつわりであまり食べられなかった時期があるなら、余計にリバウンドや急激な体重増加のリスクは高まります。

お腹だけならず太ももの付け根まで妊娠線ができると言うことは、それだけ急激な体重増加があったと言う証拠でもあります。お腹は赤ちゃんの成長が関係していても、太ももの付け根に関しては赤ちゃんの成長は関係ないですから。と言う訳で、妊娠線のケアの前に、まずは体重管理をきちんと行うことが大切です。

元々太り気味の方は医師の指導の下で体重管理をする必要がありますが、痩せ気味・普通体型の方が増やして良い体重は多くても12kgまでです。

妊娠期間は10ヶ月間もあるので、1ヶ月で増やしても良い体重は1~1.5kgと言うことになります。1週間ずつでこまめに体重を管理して、1週間に0.4㎏以内の体重増加を目標にします。それで、もし0.4㎏を大きく上回った場合は痩せることを考えるのではなく、次の1週間で現状維持を目指すことを考えましょう。

・保湿効果の高いスキンケア用品を使うこと

妊娠線が太もも付け根にできた場合は、体重管理を見直すのが基本です。でも、残念ながらそれだけでは妊娠線を予防することはできても、既にできてしまった妊娠線を薄くすることは不可能です。

そこで、体重管理と一緒に頑張ってみたいのが、保湿効果の高いスキンケア用品を使うことです。お腹の中の赤ちゃんに影響がないスキンケア用品は、大抵は「妊娠中に使える」「妊婦さん用」などとパッケージに書かれています。

「この商品って低刺激だけど、妊娠中も使えるの?」なんて言う商品ってよくありますよね。もちろん、はっきりとした記載がない場合は、無理に使うことはせず止めておいた方が良いです。妊娠線のケアに効果的な成分と言えば、ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなどの保湿成分があります。

他にも最近では「シラノール誘導体」と言う成分が、世界的に注目されています。シラノール誘導体はコラーゲン層を立て直して、皮膚の機能を回復させてくれる成分です。

コラーゲンそのものを取るよりも、皮膚の内部に働きかけやすい成分として人気があります。とは言っても、シラノール誘導体配合のスキンケア用品は、比較的高価で手が届かない方も多いでしょう。こんな場合は無理のない予算で、ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなどの配合されたスキンケア用品を探しましょう。

・妊娠線のケアは産後もずっと必要?

「妊娠線は出産を迎えれば治るもの。」と思っていませんか。あるいは、「妊娠線が出来たら諦めるしかない。」と思っていませんか。残念ながら一度できた妊娠線は、産後も暫くの間消えないことが多いです。

いや、薄くはなっても消えずに、一生ものになってしまうこともよくあります。でも、ここでケアを諦めてしまえば、状況はほとんど変わりません。産後も妊娠中と変わらずにケアを続けて、少しでも太ももの付け根の妊娠線を薄くできると良いですよね。

それで、妊娠線のケアは1日2回、朝と夜にできるのが理想的です。もちろん、朝と夜以外でも肌の乾燥が気になる場合は、こまめにスキンケア用品を使いましょう。産後の妊娠線のケアは、妊娠線が消えるまで頑張りましょう。妊娠線が消えないのであれば、頑張れる時期まで頑張れば大丈夫です。ケアを終了する時には、妊娠線は妊娠中よりもだいぶ薄く目立たなくなっているでしょう。

・まとめ

太ももの付け根はお腹よりも太くなりにくい場所ですが、足の中ではもっとも太くなりやすい場所です。なので、急激な体重増加や肌の乾燥が起こった時に、皮膚の内側の皮下組織が裂けて妊娠線ができてしまうことがあります。

妊娠線が太ももの付け根にできた時にまずすべきことは、食生活を振り返りながら体重管理をきちんと行うことです。1ヶ月で1.5㎏まで、1週間で0.4㎏の体重増加にとどめられるのがベストです。

もしある時期だけ急激に体重が増えてしまった場合には、痩せようと考えず暫く現状維持を目指して様子を見ましょう。それから、妊娠線ができた時のスキンケアに関しては、保湿性の高い化粧品を使用するのがお勧めです。

この機会に最近注目度の高いシラノール誘導体配合の化粧品を使ってみるのも良いでしょう。低コストでケアしたい場合には、予算の範囲内でヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなどの保湿成分が配合された毛化粧品を使うのも良いでしょう。

妊娠線のケアは妊娠中だけでなく、産後も暫くの間はずっとケアを続けてくださいね。妊娠線が完全に消えるとまで行かなくても、せめて妊娠中よりも薄くなるはずです。

関連記事