授乳育児中のママさんにとって、授乳は毎日のこと。特に初めてのお子さんだったり、初めての授乳育児だったりする場合は、授乳で乳首が切れてしまうこともあるでしょう。

乳首は肌以上にデリケートな場所なので、ちょっと切れただけでも強く痛みを感じやすいものです。でも、だからと言って授乳をお休みする訳にもいかないですよね。授乳をお休みするとまた再開しようと思っても、母乳が出にくくなってしまいますし、逆に母乳がどんどん溜まって乳腺炎になってしまうことも。

色々な事情があって授乳をお休みできないからこそ、乳首の傷はどんどん悪化してしまうんですよね。こんな時だからこそ頑張っておきたいのが、切れた乳首のケアです。できるだけ乳首に負担の少ないケアクリームを選んで、授乳の合間にケアできると良いですよね。では、授乳で乳首が切れた時のケアクリームは何が良いのか、見ていきましょう。

・授乳で乳首が切れた時にはどうしたら良い?

「授乳で乳首が切れた時にケアクリームを塗るのが良い。」なんて言われても、赤ちゃんへの影響が心配で抵抗のある方もいるでしょう。基本的には授乳用のケアクリームを選択すれば、ケアクリームの影響は心配する必要はありません。それでも「もしケアクリームを塗るほどでもない。」とか「自然に治そう!」と考えているなら、次のような対策を試してみても良いでしょう。

「絆創膏で乳首を保護する。(こまめに清潔な絆創膏と張り替える)」「乳首と下着の間にガーゼ挟んでおく。(ガーゼはテープで固定しておく)」「授乳の時の赤ちゃんの姿勢を変える。(いつもとは違う方向から乳首を吸わせる)」このような対策で授乳以外の乳首へのダメージを抑えれば、多少は乳首の傷の治りも早くなります。

でも、授乳回数が多いと何をしても、乳首の傷がなかなか治らないこともありますよね。いや、治らないどころか、かえって悪化していることもよくあるもの。こんな時にはやはりケアクリームを使って、乳首そのものをケアした方がいいです。授乳をお休みできない場合には、授乳前の拭き取りが不要なケアクリームを選ぶと便利ですよ。

それで、ケアクリームの塗り方ですが、授乳後にケアクリームを塗ってからラップで乳首をカバーしておきます。すると、ケアクリームの有効成分が浸透しやすく、効果が高まります。

・medela「purelan100」乳頭クリーム

授乳で乳首が切れた時におすすめのケアクリームとして、medela「purelan100」乳頭クリームがあります。乳首はデリケートな場所なので、乳首専用のものの方が刺激を抑えた商品が多く安心して使えます。

それから、授乳中はママのことばかりを考えれば良い訳ではなく、母乳を飲む赤ちゃんのことも十分に考えなければいけませんよね。赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分だと、母乳に混ざってしまうといけないですし、乳首を吸った時に赤ちゃんの体内に入る危険性もあります。

でも、medela「purelan100」乳頭クリームは授乳のことまで考慮されて作られたケアクリームで、赤ちゃんが舐めでも問題ありません。有効成分として「ラノリン」と言う天然ウールワックスを100%使用しており、添加物は一切含まれていません。「ラノリン」が乳首を適切な水分バランスに導き、バリアをして乳首をダメージから守ってくれるのです。

べたつかず伸びやすい使用感で、授乳前に拭き取る必要がない点でも便利です。卒乳してmedela「purelan100」乳頭クリームを余らせてしまっても、今度は赤ちゃんの乾燥肌のケアに使えるので損することはありません。

「せっかくケアクリームを買っても授乳の時しか使えないから。」なんて思って迷っている方は、medela「purelan100」乳頭クリームのように肌に優しくて、使い道の幅広いケアクリームを買うと良いかも知れませんね。

・日本創健「ナチュラル馬油」

授乳で乳首が切れた時におすすめのケアクリームとして、日本創健「ナチュラル馬油」も人気があります。と言うよりも、このケアクリームは産婦人科や助産院などで、乳頭亀裂以外に出産時の産道裂傷のケアに使われています。

それで、日本創健「ナチュラル馬油」の主成分である馬油には、「αーリノレン酸」と言う不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。「αーリノレン酸」には「血行促進⇒新陳代謝を活性化⇒肌トラブルの改善」と言う効果があります。

さらに、殺菌効果にも優れていて、雑菌の繁殖による炎症を抑える効果もあります。ところで、「馬油」と聞いて何となく、「べたつきそう。」なんて思う方もいるでしょう。

実は馬油の構造は人間の皮脂に似ているので、私たちの肌に馴染みやすいのです。授乳で乳首が切れた時以外には、枝毛・切れ毛・抜け毛などの髪の毛のトラブルのケアに使う方も多いです。

産後は肌のバランスが崩れやすい上に、髪の毛のトラブルも起こりやすいので、髪の毛にも使えるケアクリームは便利ですよ。もちろん、日本創健「ナチュラル馬油」は赤ちゃんのおむつかぶれ、ほっぺの乾燥などの肌トラブル対策にも使えます。

・ママ&キッズ「ニプルベール」

授乳で乳首が切れた時に使えるケアクリームの中でも、ママ&キッズ「ニプルベール」は比較的お手頃な方です。授乳用のケアクリームを使う時期は、大体半年くらい(卒乳の平均が半年くらい)。

しかも、半年の間ずっと乳首が切れている訳ではなく、治ったり切れたりを繰り返す方の方が多いです。このように考えると、「量は少なくていいから値段を抑えたい。」と言う方もいるでしょう。

ママ&キッズ「ニプルベール」なら、1,200円くらいで買えます。それで、このケアクリームのオイルは植物由来で、切れた乳頭に潤いを与えて保護してくれます。具体的な成分はヤシ油、トウモロコシ由来アミノ酸系セラミド類似成分「エモリエントアミノ酸」、食品用ひまわり種子からできた保湿成分「高純度ひまわりオイルソーライン」などです。

ママ&キッズ「ニプルベール」はママさんだけでなく、赤ちゃんのリップクリームとしても使えるくらい低刺激なので、授乳前に拭き取る必要はありません。無着色で下着に色移りする心配もなく、色々な面で安心して使えます。

・あまりに傷が酷い場合は病院に!

授乳で乳首が切れた時に病院で診てもらうのは、「恥ずかしい。」と感じる方が多いでしょう。なので、できることなら乳首を絆創膏やガーゼでカバーしたり、ケアクリームを使ったりなど、ホームケアで何とかしたいと思いますよね。

でも、ホームケアの効果には限りがあるので、あまりに傷が酷い場合には受診することをお勧めします。授乳中のトラブルなので産婦人科・母乳外来などにかかれば良いのですが、念のため電話で確認してから出掛けると安心です。

病院では対策法のアドバイスをしてくれたり、授乳中に使えるケアクリームを用意してくれることが多いです。授乳中は傷口から細菌が侵入してしまうこともありますし、あまりに症状がきつい場合は決して無理はしないでくださいね。

・まとめ

授乳で乳首が切れた時は、絆創膏やガーゼで乳首をカバーしておくと、乳首へのダメージを最小限に抑えられます。ただ、傷が治りにくい場合には、ケアクリームを使用した方が良いでしょう。

授乳中に赤ちゃんへの悪影響を心配せずに使えるケアクリームには、次のようなものがあります。medela「purelan100」乳頭クリーム、日本創健「ナチュラル馬油」、ママ&キッズ「ニプルベール」などです。

このようなケアクリームは天然由来のもので、乳首に潤いを与えてダメージから保護してくれるようになっています。授乳前に拭き取る必要がないものだと手間もかからないですし、赤ちゃんが口にしても問題ありません。

ただ、このようなケアクリームでホームケアをしても傷が治らない場合には、早めに病院に行くことも検討した方が良いですよ。授乳中は傷口から細菌が入ってしまうこともあるので、酷い傷に関しては迷わず受診しましょう。

関連記事